ある年の冬、

工房を訪れてくれた大竹様ご夫妻。

 

出来上がった結婚指輪を

お渡ししてから半年​。

おふたりの結婚式の写真や映像を持って

工房に遊びに来てくれました。

 

ふたりの指にすっかり馴染んだ指輪。

 

工房での指輪づくりの思い出話を

たっぷりとうかがいました。

第1話

指輪に付いた傷がいい“味”になっています。

(※と=とおるさん/旦那様 ゆ=ゆみさん/奥様 ス=スタッフ)

ス  お久しぶりです。お元気でしたか?

と  はい、相変わらず元気でした。

ゆ  元気でした。なんだかとっても懐かしいです。

と  ちょうど半年ぶり?

ゆ  うん、そうだねえ。半年ぶりですよね。
   ここで指輪つくったねえ。

   楽しかったことを思い出します。

 

と  うんうん、ほんと楽しかった。

ゆ  (工具を指して)アレ使って、指輪、削ったね。

と  うん、そうだね。
   でもほんと、自分たちでまさかこんな指輪が

   れると思わなかったなあ。

ス  作ったときのことって覚えてますか?

ゆ  私、全部、覚えてます!(笑)

と  僕も覚えてるなあ。
   ここでスタッフの方と、みんなで、ああでもな

   い、こうでもないっていろいろ話しましたよね。

ゆ  うんうん。
   熱中して、気付いたら外が暗くなってました(笑)

ス  そんなこともありましたね。
   指輪はその後いかがですか?

と  指輪はですね、もうずいぶん傷つきましたよ(笑)

ゆ  二人ともなんだかんだで仕事柄、あっちこっち

   にぶつけるので(笑)

と  でもこの傷がいい感じに味になってます。

ゆ  そうそう、そうなんです。

と  すごくしっくりきてるし。

ス  サイズは大丈夫ですか?

と  もうバッチリです。

ゆ  これって、すごく細かくサイズを見極めてくれ

   て、自分指に合わせて作ったからなんですよ

   ね。
   指輪ができあがって、つけ続けてみて、そっ
か、

   あの時、測ってもらったのが、この“ピッタリ

   なんだなあと思いました。

と  自分の指にピッタリ合うサイズを作れるってい

   うのもハンドメイドならではなんだろうな

   います。

ス  着け心地はいかがですか?

ゆ  着けていても違和感がまったくないですね。

と  指へのなじみもすごくいいです。

ゆ  あ、あの作業なんでしたっけ?

ス  “指なじみ”ですね。

ゆ  あー、そうそう、指なじみ! 
   指輪のアームの内側の部分を滑らかに削って

   げるんですよね。

と  やったやった。
   あれ、ものすっごい真剣になってやったよね(笑)

ゆ  そうそう。

   私の指輪をトオル君が削ってくれてトオル君の

   を私が削ったよね。

ス  そうでしたね。お互いのを削りあっていらっし

   ゃいましたよね。
   指輪、ちょっと見せていただいていいですか?

夫妻 どうぞどうぞ、じっくり見てください(笑)

ス  指輪をお渡してからこうして“その後”のお二人

   と指輪にお会いできるとすごく嬉しいです。
   とてもステキにお二人の指輪に育ってますね。

ゆ  本当にとっても気に入っています。

と  職場の人にも言われるんだよね?

ゆ  私、介護の仕事をしているので勤務中は指輪を

   はずすんですけど、着けているのを忘れてしま

   うくらい着け心地が良くて、はずすのを忘れて

   しまいそうになることがあるんです。

   そうすると職場の人たちが、

   「本当にその指輪が気に入ってるんだね」

   って(笑)

ALL RIGHTS RESERVED © 2020  JEWELLERY STUDIO INSINYUR