第5話

二人のことをゆっくりと

振り返ることができました。

(※と=とおるさん/旦那様 ゆ=ゆみさん/奥様 ス=スタッフ)

ス  ブライダルリング・ワークショップにいらして、
   実際にご自分たちで指輪を作ってみて
いかが

   したか?
   難しかったりしました?

と  僕は、今あらためて思うのは…
   この工房で指輪を作りながら、自分たちのこと

   をゆっくりと振り返ることができて、それもす

   ごく良かったなあって思います。

ゆ  そうだねえ。
   なかなか二人でゆっくりと自分たちのことを話

   す機会て、それまでありそうでなかったもん

   ね。

と  工房で最初に他の人たちの作った指輪を見せて

   もらったときは、

   「こんなに指輪に意味を込める人がいるんだ」
   「みんないろんな想いがあるんだなあ」

   って思ったんですよね。

ゆ  うんうん、私もそうでした。
   でも、私たちも、いろいろ話をしていったら、

   アイディアがいくつも出てきて、結果的に私た

   ちの指輪もそうなって、想いが1つだけでなく

   て、4つも5つも、こめることができました。

と  そうだね。最初は本当に、内側に刻印を入れて、
   外側は何もしなくていいかなくらいの発想しか

   なかったもんね(笑)

ゆ  なかったなかった(笑)

と  ほんと、そうなんですよね。
   僕らが最初に工房に持ってきたテーマ“雪の結
晶”

   を「1」とすると、工房に来てスタッフの方たち

   といろいろ話してなかで、それが「100」に

   膨らんだって感じなんですよね。

ゆ  うんうん、そうだねえ。
   スタッフの方が私たちが描けないことを引き

   してくれました。

と  それと、指輪のデザインもなんですけど、自分

   たちの指のサイズをきちんと測って作ったのも

   良かったなって思いました。

   指にしっくりくるものができたので。
   指輪ができて、初めて自分の指にはめたとき、
   もう既にすごくしっくりきていて、

   「あ、これが手作りっていうことか」

   っていう感じがありましたね。

ゆ  あったあった。
   指輪の内側を削って、丸みを出して、指になじ

   やすくする作業をしたのも、それをしたからこん

   なに着け心地がいいんだなあって思いました。

と  お互いの指輪を、丁寧に丁寧に削って、丸く丸く、
   着け心地が良くなるようにって、削りました。

ゆ  指輪を見るたび、いろいろなことを思い出すね。

と  そうだね。

ゆ  そうだ、それで、実は、いま私のお腹に赤ちゃん

   いるんですけど、いま、二人で赤ちゃんの名前

   を考えているところなんです。

と  女の子っていうのがわかったので、どんな名前に

   しようかってね。

ゆ  まだ、未定なんですけど、雪の結晶にちなんだ

   名前もいいかなって話しています。

と  そうだね。

   赤ちゃんに会える日を楽しみに、いま二人で考え

   ています。

〜あとがき〜

後日、お二人からとても嬉しいお便りをいただきました。

無事にご出産され、

元気な元気な女の子の赤ちゃんが生まれたとのこと。
ご出産、本当におめでとうございます。
ご家族そろって健やかな日々を過ごされますように、
スタッフ一同、心よりお祈りしています。

ALL RIGHTS RESERVED © 2020  JEWELLERY STUDIO INSINYUR