第2話

最初は自分たちに何ができるのかも

わかりませんでした。

(※と=とおるさん/旦那様 ゆ=ゆみさん/奥様 ス=スタッフ)

ス  お二人は工房にいらしたとき指輪のテーマは決

   まっていましたよね。

と  指輪を作るっていうのは初めてでしたから、自

   分たちに何ができるのかもわかりませんでした。


   だから、明確にコレがしたいっていうのは

   ったんですけど、工房に来る前に、僕らのテー

   マってなんだろうねって、ふたりで考えました。

   それで、僕ら二人とも、雪国育ちなので“雪”が

   思い浮びました。

  

ゆ  私の育った町は、とっても雪深い所で冬は家の

   2階まで雪が積もるようなところです。

と  今は二人とも東京で生活していますけど、変わ

   らずずっと生まれ育った町が大好きで。

ス  雪の結晶の写真を持って来ましたよね?

と  はい。雪から、雪の結晶と連想して、雪の結晶

   をモチーフにしたいねって話をしていました。

ゆ  それで、工房に来る前に、この雪の結晶いいな

   っていうのをネットで拾って、プリントアウト

   して持ってきました。

ス  「雪の結晶を使って指輪を作ってみたいです」

   っておっしゃっていましたよね。

と  指輪を手作りするのは初めてのことだったので
   どんなことができるのかもわからなくて、すご

   ーく漠然としていて。

ゆ  “雪の結晶”っていうテーマだけを持って工房を

   訪れました。

と  とくに突き詰めて考えてはいなかったというか、
   手作りで実際にどんなことができるのかって

   うのがわからなかったので、指輪の内側に雪の

   結晶を彫って、表側はとくになにもしないって

   いうシンプルなのでいいかなあって思っていま

   した。

ゆ  それで、工房に来て、スタッフの方たちに、

   「雪の結晶をモチーフにしたいなと思っていま

   す」伝えたら、

   「雪の結晶っていうのは、どこから出てきた

   想なんですか?」と聞かれて、

   私たちが雪国育ちだということや、トオル君は

   スノーボードが好きで、私はスキー好きなの

   で、雪なんですっていう話をしました。

ス  そうでしたね。
   お二人は雪国のご出身で、故郷を大事にされて

   んだなあと思いました。
   スキーとスノーボードも大好きだってお話も

   ましたね。

と  そうやってスタッフの方たちと二人にまつわる

   話をいろいろしているなかで、二人の誕生日が

   それぞれ“25日”だっていうことも話に出てきた

   んです。

ゆ  そうそう。

と  それじゃあ “25” っていう数字をキーワードに

   したらおもしろいんじゃないかってなって。

ゆ  それで、“25” っていう数字をそのまま指輪の

   内側に刻印するのだとおもしろくないから、

   輪の表面を雪山に見立てて、私たちが好き

   スキースノーボードでシュプールを描こうっ

   てなったんです。
   スキーとスノーボードで “25” を描こうって。

ス  そのあとで、 “25” で描くシュプールも、それ

   ぞれの指輪に入れるんじゃなくて、“2”と“5”を

   別々に入れたらどうだろうってアイディアも

   ましたよね。

ゆ  はい、そうでした。
   私がスキーをするので、トオル君の指輪には
2本

   線で “5” を入れて、トオル君はスノーボードを

   するので、私の指輪に1本線で“2” を入れること

   にしたんですよね。

と  “2” と “5” をイメージしたゆるやかなラインを
   それぞれの指輪に入れることにしました。

ス  そのゆるやかなラインの入れ方についても、

   どんなラインにしようか、いろいろ話しました

   ね。紙に書いたりして。

と  そうでしたよね。
   それと、僕とユミの2つの指輪が重なったとき

   に何かを表現できないかな?ってアドバイスを

   いただいて。

ゆ  “2” と “5” を紙に書き出して、数字を反転させ

   てみたり、いろいろ書いたりして。
   そうしたら、
“2”と“5”の組合わせがハートに見

   えるねっなったんだよね。

と  そうそう。

   2つの指輪を重ねて、“2”と“5” のラインが合わ

   さったときに、二人のシュプールでハートを描

   こう、ってことになりました。

ス  そうでしたよね。
   二人がそれぞれに雪山を滑ってきて、
重なった

   ときにハートで結ばれるっていうイメージがで

   きましたよね。

ゆ  雪から、雪の結晶をモチーフにしたいなって考

   えて。
   そこに二人の好きなスキーとスノボー、それと

   二人にまつわる数字“25”がハートを描くんです

   よね。

  
   スタッフのみなさんとここで色々お話しなかっ

   たらこういうアイディアは浮かんでこなかった

   だろうなと思います。

ス  この後、ラインのイメージをご主人が描きまし

   たよね。

と  はい。 

   表面のデザインが固まって、彫る作業に移った

   んですけど、シュプールのラインを彫るのは彼

   女に任せました。
   僕はもう細かい作業が苦手なので(笑)
   ラインのイメージは僕が書いて、彫るのはバト

   ンタッチみたいな。

ゆ  そうだったね(笑)
   実際に指輪にラインを入れるのも、どうやって

   入れるか、すごーく考えたよね?

と  あーそうだったね、すごい考えた。

ス  指輪のどこからどこまでにラインを入れるかっ

   ていうのを細かく考えましたよね。
   指輪をはめたときに、ラインが半分まで見える

   ようにするのか、全部見えるようにするのかっ

   ていうことを細かく考えましたね。

ゆ  考えましたねえ。
   紙に描いて、指に巻いてシミュレーション
した

   んですよね。
   リングを重
ねた時に、ラインがどの位置で重な

   ればハートに見えるのかとか、一本の状態でも

   ラインが “2” と “5” に見えるようにするには、

   どんなカーブをつけるかとか考えましたね。

と  僕とユミの指輪のサイズが結構ちがうので、

   二人の指輪が重なったときにどうなるのかって

   いうのはとくに細かく決めましたよね。

ゆ  やったねえ。
   スタッフの方たちといろいろ試行錯誤して、

   ああでもない、こうでもないってやりながら作

   っいきました。

ス  こうやって指輪の表面のデザインは完成して、
   次は内側のデザインをしましたよね。

と  はい。表のデザインはそれで決まって、雪の結

   晶は、指輪の裏側に刻印することにしたんです

   よね。

ゆ  雪の結晶はどんなのにしようか?っていろいろ

   みんなで話をしました。


   それで、指輪の裏側にレーザー刻印でオリジナ

   ルのものを作れるとアドバイスをいただいたの

   で、トオル君がその雪の結晶をデザインするこ

   とになってね?

と  コレは宿題にして、家に持ち帰りました。

ALL RIGHTS RESERVED © 2020  JEWELLERY STUDIO INSINYUR